現在の展覧会
木下晋・吉村芳生 展 ←クリックしてチラシをご覧ください。

「鉛筆のチカラ -木下晋・吉村芳生展」

【会期】2014年12月6日(土) ~2015年2月8日(日)
【会場】熊本市現代美術館 ギャラリーⅠ・Ⅱ
【住所】〒860-0845 熊本市中央区上通町2番3号
【電話番号】096-278-7500
【開館時間】10:00~20:00 (展覧会入場は19:30まで)
【休館日】火曜(祝日の場合は翌日)、 年末年始(12/29~1/3)休館
【観覧料】一般:1000(800)円、 シニア(65才以上):800(600)円、 高・大学生:500(400)円、 小・中学生:無料(要名札) *( )は前売り、20名以上の団体、身体障害者手帳等をお持ちの方
【展覧会特設ページ】http://www.camk.or.jp/event/exhibition/enpitsu/(詳細はこちらでご覧ください)

鉛筆という誰でも一度は使ったことのある筆記具が画材として使用されたとき、そこにはある種の身近さと鉛筆の持つ潜在力の豊かさが浮かび上がってきます。本展覧会ではその鉛筆の魅力にとりつかれた木下晋と吉村芳生の作品をご紹介します。1日に17時間鉛筆を手に紙に向かう木下と1000枚もの新聞という過去に今の自分の顔を描き込む吉村の、それぞれの「手作業」による「日々」の集積ともいえる鉛筆のチカラを感じる空間作りを目指します。また、木下はモデルの人生そのものを描き写すかのような人物画を、吉村はひたすら自画像を描き続けています。主観的に内面を掘り下げていく木下と、自身を描きながらもあくまでも客観的に社会をとらえる吉村を対比させることから見えてくる、それぞれの作家の想いを紐解きます。